スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    言葉で伝える伝わらない?
    0
      昨日5kmほどごく軽いJOGをしました。
      そして当たり前のように筋肉痛に見舞われました。
      こうやって強くしていくのです!
      ってあまり追い込めないので強くなりません。
      それでも1月までにはちょっと走れるようにしておきましょう。

      建築士Aさんとは打ち合わせ以外はすべてメールでのやりとりです。
      本日は 確認検査機関へ建築確認申請書と
      フラット35の設計審査申請書を提出してきました
      と連絡がありました。

      前後してこちらから工務店契約と地鎮祭の日取りを送り
      先日から気になっていたことを伝えました。
      自分の中ではこう書けば大丈夫、理解できるだろうと
      思っていても、相手にはうまく伝わらないことが多いですね。

      ある件の見積もりを出してもらおうとしたのですが
      一つ単語が抜けるだけで思いが伝わりにくくなります。
      もっと文章力を鍛えておきます。
      今回は写真でも撮って送ればわかりやすかったですね。
      想像力もたくましくしておきます。

      カテゴリ:住宅計画 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第4回打ち合わせ
      0
        ほとんど書いたのに消してしまいました・・・(>_<)

        気を取り直して。

        手短に(笑

        工務店提出の詳細な図面を基にその一部をピックアップしながら
        外構や電気関係、水回り、照明計画などの説明を1時間ちょっとに渡り受けました。
        こうやってみると、だいぶ計画が進み実感がわきます。
        来週末に各工務店の入札結果が上がってきます。
        その後、最終的な調整をして11月中旬ごろに契約、12月初旬に工事開始の予定です。

        相見積もりを出した工務店の話やら、大工仕事の話も楽しいですね。
        裏話なんかも面白く聞けました。

        ご報告を〜なんて書きながらも、特別面白い情報もなく皆さんが
        共有できる話題もないので書く必要があるのかと思いながらも
        基本的には日記代わりですので書き留めておきます。 

        カテゴリ:住宅計画 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        本日午後は打ち合わせ
        0
          お昼はまったり気持ちよい気候です。
          縁側で昼寝なんて、さぞかしいい気分になることでしょう。
          といってもそんな計画ありませんが。

          午後から建築士Aさんと打ち合わせです。
          残りの設計図の説明やら、それからそれから・・・
          何の打ち合わせ?

          またご報告をします〜
          カテゴリ:住宅計画 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          階段は螺旋ではありません
          0
            各方面で読んでいただいている、我がブログ。
            どうやら誤解を生んでいるようなので確認のためにひとこと。

            階段は螺旋階段ではありません!

            って力強く言うほどのものでもないですけどね。
            前の記事にも書いたように三角踏み面のある階段です。
            螺旋は絶対イヤ!という妻の意見から生まれた形状です。
            生まれたと言っても建築士Aさんの考えた結果ですが。

            そして、まだ建築始まっていません。
            設計の段階で工務店すら決まっていません。

            土地は雑草の生い茂る無法地帯になっています。
            建築開始は本年12月頃になることでしょう。
            これも未定なのでわかりません。
            来年になるかもしれません。

            以上でございます。



            階段のイメージ。
            このままではなく、少し変更あります。
            わかっていただけたでしょうか。



            カテゴリ:住宅計画 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            設計打ち合わせ3回目
            0
              昨日は午後から設計打ち合わせの日でした。

              工事費の概算の説明と、展開図を基に各部屋の説明です。
              コマゴマとした図面を見ながら話を聞きます。
              平面図だけではわからないことが更に頭に入ってきます。
              外構の雰囲気もわかってきました。

              一通りの説明後に建築士Aさんから提案がありました。 
              2FWICにおける変更です。
              ここでは僕の希望が通ることとなり楽しみになりました。
              後々、決定すればお話しします。

              ひとまず10月末あたりの工務店への見積もりまで
              トイレや風呂場の選定に頭を悩まします。
              TOTOかINAXか・・・
              カテゴリ:住宅計画 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              概算工事費算定書
              0
                先日、概算の工事費が建築士Aさんから送られてきました。

                むむむ・・・

                予算を提示したうえで、その中で希望に沿ったものを考え設計する。
                設計事務所に注文すると高そうなイメージがあり、皆さんがまず口にするのは

                「設計料が高い」

                金額だけみるとそう思います。
                だいたい建築費用の10〜12%ぐらいでしょう。
                建築費が低額なら一定の金額を提示されたりすることもあると思います。
                それに交通費などが加算されたりします。
                ですから大抵は200万以上の費用が建築費に加算されます。

                総支払額から設計費を引き算してそれを建築費に充てる。
                非常に大雑把な計算ですが、それだけのことと思っています。

                あとは希望を伝え、小さかろうが、質素な内装だろうが、住みやすく
                居心地の良い、構造が丈夫でメンテナンスのしやすい家を考えてもらい
                設計図は後々にどこの工務店がみても理解できるように詳細に記載され
                その建築過程において、十分な監理を行い、もちろん逐一報告があり
                施主の質問や不安を解消するための答えをレスポンス良く・・・(←これ重要)
                これだけのことをやってもらえるなら、それだけの価値があると思います。

                建築士なら自分の生み出す一生の作品ともなるものに、手は抜けないだろうとも考えています。
                その住宅たちが仕事を増やす種になるかもしれないですしね。

                施主もある程度は割り切り?が必要なこともあるかもしれません。
                希望の通りに全てが叶うわけでもないと思います(予算がたっぷりなら別ですね)
                僕はAさんの設計した住宅を、オープンハウスや実際に住んでいる方のを含め6軒
                見学させていただきました。
                その上で信頼し、契約しました。
                各々に同じものはないですが一貫した気持ち良さは感じました。
                その場に触れない限り感じ得ないものです。
                数字に表せないので自分を信じるしかないですが、この感覚に間違いないことを信じて。

                ところで概算費用。
                計算上は工務店見積もり額とほぼ変わりなくプラスマイナス5%といわれました。
                実際の見積もりは10月末ぐらいですが、今の段階で予算オーバーです。
                あこがれの秘密の部屋は夢のまた夢なのでしょうか(>_<)
                工務店さんがんばって〜お願いします<m(__)m>

                明日の午後に打ち合わせです。
                さてどうなることやら。


                 
                カテゴリ:住宅計画 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                階段の変更
                0
                  螺旋階段プラン変更をお願いして約10日間・・・
                  新しい階段が提示されました!

                  基本的には回り階段で、踊り場はありません。
                  リビング階段の位置は同じです。
                  回り部分の踏面数を少なくしてもらい、なおかつ
                  広く取ってもらいました。
                  正三角が特徴的な三角階段です(そのまんま・・・)
                  そして少し幅がコンパクトになりました。
                  といっても無茶はしていません(当たり前ですね)

                  面白い階段になりそうですが、螺旋階段よりは少し存在感が
                  出てきそうですので、狭いLDがどんな雰囲気になるか楽しみです。
                  階段のステップがちょっとした椅子代わりにもなっていいかも。

                  他にも変更点がいくつかありますが、ほぼこれでOK。

                  いよいよ地盤調査です!

                  軟弱なのはわかってますけど・・・



                   
                  カテゴリ:住宅計画 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  プランの変更案
                  0
                    昨晩は雷の鳴る中、帰宅しました。
                    お盆でもいつものように仕事です。
                    雨も降ったので少し涼しくなりましたが、夏の風物詩の雷は
                    歳をとっても少しビビります。いや結構かな(汗

                    前回プランを基にした要望を提出していたのですが
                    建築士Aさんより連絡があり、平面図がpdfで送られてきました。
                    大きくは階段の変更です。

                    内容はまたの機会に!
                    カテゴリ:住宅計画 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    プラン2の要望
                    0
                      あつあつあつあつ〜〜〜〜

                      何度書いても涼しくはなりません!
                      標高の高い高原で昼寝でもしてみたい今日この頃です。

                      昨日の先の読める展開とは

                      「螺旋階段」。

                      くるくるまわって上下するあれです。

                      建築士Aさん曰く

                      今回のプランはそれほど広くないLDKに階段を設置し
                      螺旋階段にすることにより圧迫感を減らして軽快に見せ
                      かつキッチンとリビングとのつながりを持たせ、玄関からの視線も
                      軽く遮るような考えです。

                      ということでした。

                      なかなかに面白い案です。
                      が、しかし妻の表情は暗い。

                      以前より螺旋は好きではない。
                      ぐるぐる目が回る。(これは嘘)

                      歩きにくい、足を踏み外しそう、子供が危ないなど
                      マイナス意見が続出です。
                      ネットでも調べて、みんな(母の集まるサイトらしい)反対意見だ!
                      と声高に言いよってきました。
                      (ちょっとデフォルメしております、ご了承ください)

                      家にいる時間が長く、家事を行い、子供の世話をするのも
                      基本的に彼女に依存しておる毎日です。
                      この意見は即刻、Aさんに伝えて考えていただくようにしました。

                      さてさてどんな提案が出てくるでしょうか・・・
                      お楽しみです。

                      螺旋階段

                      螺旋階段です。
                      「らせん」と書いたほうがやさしくてよいです。
                      そういえば、そんなホラー映画がありましたね。
                      携帯のカメラ機能がほんとにやばくなってきました。
                      適当にぼやけて良いですが(汗






                       
                      カテゴリ:住宅計画 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      プレゼンの結果
                      0
                        先週土曜日のプレゼンでは第一回と同じように建築士Aさんが
                        我が家にお見えになり、模型と簡略な平面図で説明をされました。

                        前回の2階リビングから1階リビング案に変更です。

                        そしてなんと!

                        小屋付きでございます!!

                        駐車場の奥に納戸兼自転車小屋ですよ、あーた!

                        いやーうれしいじゃありませんか。
                        渡辺篤史風なら「いや〜 うれしいねぇ〜」!

                        一気にテンション上がりましたが、Aさんが一言。
                        「建物の予算の関係でこれは出来ない可能性もあります」
                        淡々と申されました 

                        ま、いいです、そうでしょうとも・・・

                        肝心の建物は前回の雰囲気を踏襲したもので、リビングから
                        螺旋階段を経て2階へ上がり、各個室とWIC、バルコニーをもつ案です。
                        屋根形状はさらにクローバー度が増したというか
                        羽のようにも見えなくもない十字屋根。
                        自転車好きが例えるならFDJハウスですね。
                        プランの変更もあるので仮の名前にしておきましょう。

                        1階にはすべての水回りと小さな納戸、作りつけの収納に
                        対面キッチンも希望どおりでした。
                        和室は残念ながらカットされていましたが、なかなかに魅力的なものです。
                        LDKは基本的に1室のような雰囲気です。

                        延べ床面積は28坪ほどですから、小さな家です。
                        ですのでLDKも16畳ほどの狭さ。
                        狭いことよりいかに気持ちよく過ごせるかが大切なのです!

                        一通り説明を受けた後に「また検討してご連絡ください」と帰っていかれました。

                        この後、予想通りの展開が・・・
                        模型を見た瞬間にわかったんですけどね。



                        なんとなくクローバーな感じでないですか?
                        適度な凹凸が影を生み出してより立体的に見えそうです。
                        予算の関係上フラットな形状になる可能性もありますが・・・

                         
                        カテゴリ:住宅計画 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        | 1/2PAGES | >>