スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    建築開始
    0
      暑い毎日で外仕事の方々は大変です。
      こちらは冷房の中での仕事。
      皆様には頭がさがります。
      熱中症にはお気を付けください。

      ついに建築開始です!

      他の分譲地の方々ですが。

      有名ハウスメーカーの看板が立ち並んでいます。
      ガツガツと地盤改良のコンクリが流し込まれているところや
      すでに基礎工事が終わって養生中の場所もあります。

      僕のところは雑草たちのパラダイスになっております。。 
      カテゴリ:土地 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      決断
      0
        土地は相性や趣味が合うなんてもので決めるものでなく
        自分の条件に出来るだけ合致していれば早急に購入決定の
        決断をしないと全く同じものは出てきません。
        またお買い得品もないらしいので、それは期待できません。
        土地の条件がよくて安ければ、何かの因縁つきでしょう。
        かといって、はい!買います!!ってポケットから財布を出すような
        わけにもいけないので決断には迷います。

        なので見つけてから不動産屋に話を聞き、妻、両親と話をし
        なんだかんだと悩みながらも決断してしまいました。
        決めても迷いごとは多いわけですが、契約を済ませてしまえば
        すっきり!というか腹をくくったというか・・・・
        突き進むしかありませーん 

        急激にはしょった展開ですが約44坪のオーナーになりました。
        次は建物になりますな。
        カテゴリ:土地 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        次の土地
        0
          制限があろうとなかろうと売れればいいようです。
          買ったあなたが同意したから関係ないもんねー
          売ってしまえばこっちのもん。
          こんな印象が残ってしまって残念です。
          N区に住んでいたときに関わった賃貸系不動産屋の方は
          親切でいろいろ動いてくれました。

          愚痴はこれぐらいにして、彼らとは少し距離を置き冷静に
          お話するようにするよう心がけることにしました。

          話は変わって1月に隣町の分譲地をathomeにて確認。
          ヨメに話したところ、意外にも好印象でした。

           知らない所じゃない(通っているスーパーに近い)
           分譲地なので近所付き合いがしやすい?
           広さはちょうどいい
           価格も何とかなる?(ほんとかな)

          学区が変わること、駅が少し遠くなること(といっても徒歩10分ぐらい)は
          目をつぶることができる条件でした。
          僕にとっては地元ですから全く問題ありません。

          そして問い合わせ・・・



          カテゴリ:土地 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          29坪
          0
             ということで29坪の土地を見に行ったのであります。

            場所は名鉄駅が2つ使え、JRも使える割といいところ。
            そこそこ静かだけど小学校が近いから、少しはうるさいかなと。
            それでもあまり気にならないレベルでした。
            学区も問題ないし、仕事場から1km以内だし。

            土地は東に間口が開き、他の3方は住宅が立つ場所。
            少し圧迫感ありありだけど、設計がしっかりできれば問題ないんじゃない?
            と勝手に思っておりました。

            ところがですよ。

            市役所で調べたところ、ここも都市計画道路にばっちり
            はまりこんでおりました。
            不動産屋はなんも言わないで紹介してくれました。

            確かに条件付きで申請すれば建てれますけどね。
            なんだか不信感ぐるぐるです。

            当たり前にここも却下。
            諦めますと電話したら、悪びれもなく「あっそう」です。
            この業界はこんなもんですか。

            カテゴリ:土地 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            次の不動産屋
            0
               ずいぶん期間が空いてしまい記憶が薄くなりつつあり。

              前回の土地は諦めたので、また近所のK不動産に出向いて
              必要な情報を伝えておいて待ちの態勢に入ったのでした。

              そこは店舗もなくて普通の民家で、おじさんが下着姿で出歩いているぐらい。
              でも看板の奥にいるから大丈夫かなぁと聞いたところ不動産屋本人で驚いた。

              29坪ぐらいがあるけどよ〜
              ま、せみゃーでいかんわな
              探しとくでみつかったられんらくするわー

              ぐらいでメモ用紙に住所と名前、電話番号かいて渡しておいた。
              大丈夫なのか、あれで。
              29坪気になるから今度見てこよう、と思って帰ったのでした。

              昨年の9月中旬の話。

              もう一方のN不動産には一応、他にもあたるからと連絡は入れておいた。
              あ、そう、ぐらいな感じでこっちも期待せず。
              不動産屋とのお付き合いにもなれてきました(^_^;)

              カテゴリ:土地 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              個人売買5
              0
                2週間ほど考え 悩んだ挙句、将来のことも考えて今回の一件はなかったことにしてもらおうと
                先方に身勝手な行動を侘び、解消の理由を述べ一切の契約をなくした。
                その際、地主は都市計画のことは知っていたと語っていた。
                それを口にすれば売れないとわかっていたのだろうか。
                ま、いい経験になったと言えば聞こえがいいが、いろんな方に迷惑をかけた。

                これですべてが振り出しにもどった。
                9月19日の出来事だった。
                カテゴリ:土地 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                個人売買4
                0
                   早速、市役所に出向いて建築の制限や用途地域を聞くことにした。

                  第一種住宅地域。
                  建蔽率60%、容積率200%。
                  下水が2〜3年後に稼動する予定。
                  土地はやはり低く、このあたりでも低いところであった。
                  とここまではよかった。

                  都市計画道路にひっかかっている!?
                  なにそれ?

                  地図を見るとその土地の半分を占めるところに
                  将来(何年後かわからない、全く無理な計画だろう)道路が作られますという
                  架空の道路のラインがひかれていた。
                  つまり都市計画法にかかった土地だった。

                  簡単に言えば、壊しやすい家の作りで2階建てなら
                  建築許可を取れば住宅の建築はできますよ。
                  と言う制限付きの土地ということがわかった。

                  土地が低い上に狭いので3階建てのものを作ろうと考えていたのに
                  こんな条件の土地があるとは。
                  道路計画なんてまず不可能と思われる無茶なルートであるが
                  いつ何時実行に移されるかわからない。
                  そんな土地だったとは。

                  大げさだけれど奈落のそこに落ちた気分だった。

                  カテゴリ:土地 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  個人売買3
                  0
                     3日後に先方から電話あり。

                    坪35万でよろしくとのこと。
                    話し合いの時は、若いのでお値打ちにと言っていたが
                    特別安くはなく標準である。
                    個人売買で手間がかかるが、仲介手数料が0になるだけ
                    お値打ちだろうか。

                    あれこれと考えるもひとつの条件が心に引っかかる。
                    税理士YさんM君や両親、司法書士Yさんに相談するも
                    やはり返答は自分と同じである。
                    だめもとで10日ぐらい経っていたがに正直に連絡した。

                    こういう理由で申し訳ないが条件は飲めません。
                    坪単価はそのままでよいです。
                    そう伝えると、意外なほどあっさり

                    「いいですよ」

                    肩の力がすっと抜けて、ありがとうございますと素直に答えた。
                    ひとまず再度、土地の情報を調べて連絡すると電話を切った。

                    これで道が開けた!!
                    といってもお金のことややるべきことは山ほどある。
                    それでも前へ進むことが出来るのがうれしかった。
                    カテゴリ:土地 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    個人売買2
                    0
                       8月最後の日曜日。

                      近所の喫茶店にて紹介いただいたKさんを交えて
                      地主の方にご挨拶をすることになった。
                      先方は3名でご兄弟(兄、妹2名)でみえ、挨拶をし他愛ない
                      世間話や自己紹介をしてなごやかに話をした。

                      非常に穏やかに話をしていたが、土地のことになると
                      表情が変わったのに気づいた。
                      大きな金額のことでなおかつご先祖の土地である。
                      真剣になることは当たり前か。
                      こちらの希望だけ伝え、その後に返事を待つことにし
                      お見合いのような話し合いが終わった。
                      なかなか手ごたえのある時間が持て、ほとんどOKのようだと思った。

                      しかしある一点、気になる条件があった。
                      ここでは記すつもりはないが、あまり気分のよいものではなかった。

                      カテゴリ:土地 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      個人売買
                      0

                        以前に少しだけN不動産から話が出た30坪の土地。

                        仕事場から近く、実家からも近いし日当たりもよい。
                        土地が低いのが気になるが、まぁまぁと思っていた。
                        しかしN不動産はやる気がなさそうなので、その土地の向かいの
                        Kさんに連絡し、その旨を伝えてみた。

                        正直だめもとだったが、Kさんはその土地の管理のようなことを
                        していると聞いていたので、電話をし地主に当たってみると答えてくれた。

                        翌日には早々と電話あり。

                        よい方向で進めてみると答えあり!

                        「やったー!!」

                        金額はこちらで考えてほしいといわれるも
                        その土地の価値がわからない。
                        大体の近隣の売値はわかるが、それが先方の納得のいく
                        金額なのかどうかもわからない。

                        悩んだ挙句、ひとまず地主の方と会うことになった。

                        これが8月半ばの話。

                        カテゴリ:土地 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        << | 2/3PAGES | >>